ロゴ
HOME>コラム>治療だけじゃない!定期的に歯科医院に通って歯の健康をチェック

治療だけじゃない!定期的に歯科医院に通って歯の健康をチェック

治療

予防処置とは?

歯にトラブルが起きないために大切なのが歯科予防処置ですが、その意味は、病気になって治療する前に処置することです。歯科予防処置に専念している銀座の歯科医院では、日頃きちんとした歯磨きを行うことはもちろん、3ヶ月から4ヶ月に一回のメンテナンスをおすすめしています。歯周病や虫歯を事前に防ぐために最も大事なことは、歯に付着する細菌のかたまりでもある、プラーク(歯石)を取り除くことです。プラークに関しては、普段の歯磨きである程度は除去できますが、奥歯の裏側や歯と歯の隙間などは、ブラシが上手く行き届かないことがあります。このプラークが気づかないうちに悪さをしないためにも、銀座の歯科医院では、数ヶ月に一回のメンテナンスを行うよう患者に伝えています。

歯医者

虫歯予防に効果的なアイテム

銀座にある歯科医院で定期的に歯をチェックしてもらうことも大切ですが、虫歯予防アイテムを使用し、普段から自分でケアすることも重要です。虫歯予防アイテムとして電動歯ブラシがありますが、スイッチをオンにするだけで、自動振動に任せて歯磨きと歯ぐきのマッサージができます。これにより、歯周病や虫歯をより防ぐことにもなり、さらに振動による水流で、歯と歯の隙間にあるプラークを取り除けます。また、歯医者や歯科検診で、フッ素コーティングをしたことがある方もいるかもしれませんが、フッ素ジェルも虫歯予防アイテムのひとつです。フッ素については虫歯菌の働きをストップし、歯のエナメル質を強める効果があるため、フッ素ジェルを使用すると、長い間歯にフッ素をとどめることができます。